ベルアイルの装備画像データ収集用とプレイ日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚ハム献上部隊のなが~い一日
2006年06月05日 (月) | 編集 |
前回のつづきです。

最初にいっときますが、今回は画像ありません。

さて、今秋のアリア裁縫部門の献上品はルビー、トレントの根、豚のハムでした。

わたしは料理をほとんど買ったことがなかったので料理=スタック不可と思い込んでいて、だからこそアローを献上していたのですが(アローは製作過程で莫大に数が増える上にスタック数が100)、ハムがスタックできるならハム献上のほうが全然いいに決まってます。

リングの人たちが何人か材料集めを手伝ってくれるというので、ハム献上に挑戦。ハムの調理にはグランドシェフ以上の調理人が必要で大変そうだなあと思ったら、こちらもリングの人が紹介してくれました。本当にお世話になりっぱなしです(*ノ_<*)

豚肉集めと倉庫枠の確保をしているうちに、当初の予定だった「今夜材料集めて調理は明日」にすると材料が倉庫に入りきらないのが確実になってきました。シェフの22Dさんに連絡して、もう明け方に近かったのですが調理をしてもらっちゃうことに。

いや~、やっぱりスタック可能な献上指定品を投げ込むと違いますね。重量ぎりぎりまで持って投げ込みにいくだけで、1~2%上がるんです。アローとはまったく比べ物にもなりません。

で。

シェフの22Dさんと、リングのお友達(シャミノさん、ジニアさん、Rodemさん)とわたしの5人で始めたこの豚ハム献上企画、朝になって起きてきたノンナさんが加わったのをきっかけに、予想もしなかったような大がかりなものになっていきました。

ノンナさんが作ってくれた献上用のトークリングはとても便利で、細かい連携を取りながらシャウトで協力者を募ったり、知り合いに連絡して協力してもらったり。日曜だったのも幸いして、かなり立派な献上チームになりました。

ハムを焼きはじめたのが晩秋の朝の週だったのに、昼の週の終わり(リアル時間では午後4時くらい?)にはなんと献上度100%を達成するという快挙。絶望的だと思ってたのが嘘のようです。

終わったときにはさすがにもうふらふらで思考力もO。

でも、きつかったけど楽しかった。ちっちゃいけどいろんなドラマもありました。

ベルアイルには他のゲームによくあるような攻城戦はないけど、大勢が連携して動くこういう献上チームには、攻城戦に近いような雰囲気と熱気があると思いました。また機会があればやってみたいな。

毎季は無理ですけど(´~`;)

国境を越えてご協力いただき、本当にありがとうございました!

22DさんとFrayLさんのお料理露店を見かけたらぜひ買ってあげてくださいね。

おふたりとも他国から駆けつけてハムを焼いてくれたシェフさんです。FrayLさんはボーダーの調理部門献上品をアリアに買い付けにきていたにもかかわらず、快くハム焼きを手伝ってくださいました。

来季はボダ調理にささやかながら貢いでみようと思います(ノ*゜▽゜*) またアローかもだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おつかれwヽ(`Д´)ノ
2006/06/05(Mon) 13:55 | URL  | シャミノ #-[ 編集]
見に来たよ~後裁縫献上手伝ってくれてありがとうね^^
2006/06/06(Tue) 10:41 | URL  | ノンナ #-[ 編集]
ノンナさんもお疲れさまでした!
日曜日で本当に良かったよね~!
2006/06/06(Tue) 18:42 | URL  | えめ #rLWdKQwg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。