ベルアイルの装備画像データ収集用とプレイ日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイド
2006年06月30日 (金) | 編集 |
初期には初心者向け軽鎧として人気がありました

ハイド。色は上段左からノーマル、黄、黒、赤、青、下段左から緑、雲、鱗です。装備条件は色違いタイプが防御スキル34%、素材違いタイプが防御40%です。(注:チュニックの条件)

oβの頃には初心者用の装備として露店でもちょくちょく見かけましたが、最近ではファッション用の装備として見直されているようで普段着に取り入れてる人がかなりいます。人気があるのは雲と黒。個人的には、ハイドチュニックはどの色もそれなりにいい感じだと思います。ノーマルは茶色に見えますが、実はかなり緑っぽいです。




一番活用しやすい

チュニックです。鎧なのにごく普通の服みたい。これ構造はどうなっているんでしょう。前面のどちら側かが実はボタン? それとも色ついてる部分を上からすっぽりかぶってるの? まあ、どっちでもいいか(´~`;) 前後とも生地の長さ(裾ってことね)がだいたい揃っているので、ほかのボトムスと合わせてもほとんど違和感がありません。

袖

革鎧のスリーブには肩当が付属します。ハイドの肩パッドはあまりかさばらなくていい感じ。えめらるどのプロフィール画像でつけてるスリーブがノーマルハイドのスリーブです。どの色でも色がついてるのは外側のみで内側は黒になってます。

前はともかく後ろがなあ

レギング。いかにも鎧的なのでボトムスとして使うにはちょっと。ひざ当て部分の継ぎ目は鎧と同じ色のストライプになってます。というか普通そんな細かいとこまでみてません(´Д⊂ 伸縮性の高い素材でできてそう。

これもまあまあ使いやすい

シューズは前からみると全部同じ色(色違い同士は、かなあ)になってます。肩当てなんかと同じ色ってことですね。で、底から後ろの部分が鎧と同色に。そんなわけで、後ろや横からみると色は合ってるのに前から見ると違和感がある、なんてこともよくあります。

手は撮り忘れたみたいです(´・ω・`)
手首のとこにごっついリストバンドみたいなのがついてます。

後ろからみたところわりと気に入った組み合わせ

バックスタイルとコーディネイト例です。左(というか画像的にはまんなか?)の組み合わせは学生を、右はサファリをイメージしてみました(*゜□゜)/ドウカナ 色の関係で、ハイドのコーディネイトは全体的に渋い感じになるみたい。町なかだと割と地味です。




ハイドはそのままでも軍服っぽいのですが、レギングを外してスカートにすると基地勤務の軍人さんみたいになります。アリア式に敬礼('□')ゞ
敬礼!


なお、この敬礼なんですが国によって違っていておもしろいのです。手をあげるだけのアリア式は敬礼と気づいてもらえないことも(´Д⊂

ジョワッ!

押忍! じゃなくてボーダーの敬礼です。これもなんていうか「あ、敬礼なの?」って感じです。押忍!

カルガで敬礼!

敬礼といえばやはりここ、軍人の国カルガの敬礼。これ大勢でやったらすごくかっこいいんだろうなあ。

すごく普通

無所属の敬礼。出奔中や未仕官者はこれになります。一番わかりやすい敬礼かも。


ハイドはどちらかというと女性キャラのほうが似合うみたい。その理由は、腰のくびれの位置にちゃんとベルトがきていてアクセントになってくれること。

実は男性が着るとベルト位置が高いんです。青年期はそれほど目立たないのですが、少年期だとこんなに高いの(´Д⊂ これは革鎧全般的にそうらしいです。
ベルト位置が全然違う



ルリアさんがハイドをかっこよく着こなしていたので画像撮らせてもらいました。チュニックを活用してる人はいっぱいいるけど、あえてチュニック以外を活用っていうのはすご~く珍しいかも。鱗ハイドは薄紫でかわいくてお気に入りなんだそうです。
あえてチュニックをはずしたところに拍手!かも!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。