ベルアイルの装備画像データ収集用とプレイ日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰謀うずまくアリア
2006年08月03日 (木) | 編集 |
のほほんと楽しい

うちのナグーは緑色に進化しました。

ナグー登場したての頃、「捕まえるのメンドクサー」「別に必要なくない?」「どうせ使わないから必死に捕まえることないや」とか思っててホントすいません。ごめんなさい。わたしが間違ってました。


ナグー、超つかえます!!!


ナグーは想像以上に足が速くって、なんとなくお散歩したいときにはすごく快適。先日も、装備画像を撮らせてもらおうと思ったら夜になったばかりだったので、時間つぶしもかねてナグーでアリアからカルガまで移動してきました。

アリアからカルガまではだいたいリアル時間30分ほど。ゲーム内の夕方出発して朝到着です。う~ん、こちらの思惑どおり( ^ー’)b ジェム移動だとあっという間だけど、時間に余裕のあるときにはナグー移動もいいなって思いました。途中で数人ナグーな人たちとすれ違ったし、ナグー移動のほうが好きって人はわりといるのかもしれません。



ナグーのおかげで遠距離ミッションも苦にならなくなったので、いままで手をつけてなかった物語系のミッションにもようやく手を出してみました。

これがかなり面白くって。


町並みの美しいアリアも蓋をあけてみると内部はどろどろしていて、建国から現在にいたるまで陰謀だらけでした。町なかに貴族が多いのはなんとなく知ってたけど、その貴族内部にも派閥があったり政変を企んでる一派がいたり。そういうのが、いろんなミッションをやっていくうちにすこーしずつ見えてくる仕掛けになってるんです。それまで気にもとめてこなかったNPCも、話しかける時間帯や季節によって台詞が変化するのがわかりました。話しかけただけだと嫌味っぽい人だったのに、ミッションをやってみると「あれ、案外いい人?」なんて驚くことも。


「このバックグラウンドでいくつも小説かけそうだよね!」ってちょっと興奮気味に友人と話していたら、ベルアイルの製作にはTRPGを手がけてるとこが参加してるんだよと教えてもらいました。だからこんなに設定とか凝ってるのかあ。ふむふむ。


あんまり面白いもんだからミッション専用のカテゴリを作ろうかといま考え中です。これ以上やることを増やすと手がまわらなそうですけど(´Д⊂


ベルアイルというゲームは

プレイ以外の部分で盛り上がった人の勝ち

なんじゃないかと悟った気がします。操作性や戦闘やスキル上げは単純(単調?)なのに、天候・季節の変化や町並みやNPCやバックストーリー等ある意味どうでもいい部分がめちゃくちゃ凝ってるというか。

今後のアップデートでストーリー性のあるミッションをがんがん追加して、もっと物語を広げていってくれることを期待してます。案外時代が進むごとに……みたいなたくらみがあったりして?
スポンサーサイト
テーマ:新ベルアイル
ジャンル:オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
ちなみに
件の会社はORGっていう会社
http://www.orggames.co.jp/
でも、サイトにはベルアイルの情報は何も載ってないね。
TRPG等の業界の中では有名だった大貫昌幸という故人が興した会社で、ダブルムーン伝説とかD&Dの翻訳なんかで有名な会社ねw

ゲーム自体を作った会社はヘッドロックっていういくつか国内でオンラインゲームを作成しているメーカーらしいんだけど、そっちのほうにはなんでも騎乗生物やガチャ以外になにか大幅なアップデートを予想させる情報が、詳細についてはやはり載ってはいなかったけどねw
2006/08/03(Thu) 10:02 | URL  | ルナー #GCA3nAmE[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/16(Wed) 13:51 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/04(Mon) 19:57 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。